日本人の平均サイズは“13cm”

ペニスが小さいことに悩んでいるなら、
すぐにでもサイズアップをしたい気持ちでいっぱいだと思います。

ただ、サイズの大小を決めるためには、
日本人の平均サイズを理解する必要があります。

平均があるからこそ、自分のサイズの大小がわかりますからね。

日本人の平均サイズは?

データの統計によると、
日本人の平均サイズは、約13センチとなっています。

これは信ぴょう性の高い、アンケートによって収集されたデータなので、
ほぼ間違いない結果とみていいと思います。

ただ、実際に身近な男性で平均サイズを計測してみると、
13cmよりも大きかったり、小さかったりします。

つまり、一概に言うことはできないわけです。

あくまでデータの話になってしまうので、
バラつきが出てしまうのは仕方がないと思います。

なので、平均サイズ13cmというデータは、
参考程度にしておくのがベストですね。

なぜ、平均サイズにバラつきが出るのか?

その理由は、ひとりひとりの計測方法が異なるからですね。

この方法で絶対に計測してください!
と指定したアンケートというわけでもないので、
誤差が生じてしまうのは自然なことなんです。

調査員が一人ずつ正確に測定するなんてムリですし、
デリケートな問題なので、あくまで自己申告になってしまいます。

だから、平均サイズにはバラつきが出てしまうわけです。

一部では平均サイズを12cmとしているところもありますが、
男性である以上、大きいに越したことはないはずです。

ペニスサイズを目指すなら、13cmを目安にしたほうがいいですね。

ちなみに私はゼファルリンで、日本人の平均サイズを超えることができました。
もともと10.1cmだったので、本当うれしかったです。

平均サイズに数センチ足りないという人は、
ゼファルリンを検討してもいいかもしれませんね。