増大・増強手術は失敗の可能性もあるので注意

ペニスを増大・増強するのに、ゼルファリンなどの増大サプリを使うのではなく、「手術をしよう」と思う人もいると思います。
ただし増大・増強手術には、「失敗」の可能性がありますので、注意しなくてはいけません。

増大手術には医師の高度なテクニックが必要

ペニスが相当複雑な形状と機能をもった期間であるのは、言うまでもないと思います。
ですからペニスにメスをいれ、手術を行うためには、医師に高度なテクニックが要求されます。

ところがこの手術テクニック、必ずしも医師の全員が獲得しているわけではないことには注意が必要。
経験の浅い医師や、勉強不足の医師が手術した場合には、増大手術が失敗することは、決して少なくありません。

増大手術の失敗例としては、次のようなことがあります。

  • 包茎手術の際、包皮の計測をまちがえたために包皮を切りすぎ、勃起の際にペニスが突っ張る
  • 包皮の切断の仕方が悪く、傷跡が目立ってしまう
  • 縫合の仕方が悪く、傷跡がケロイド状に盛りあがる
  • 切除の場所を誤ったため、性感帯まで切除して、勃起障害・不感症になる
  • 長茎手術で縫合の仕方が悪く、ペニスが勃起時にも上を向かなくなる

などなど。

増大・増強手術には、これらのリスクがつねに存在することを、考慮しなければなりません。

失敗を避けるにはどうしたら?

増大・増強手術の失敗は、場合によっては再手術によって回復できることもあります。
ただし、再手術は通常の手術より、費用はさらに高額となります。

また包皮を切りすぎてしまった場合など、切りすぎたものを復活させることはできませんので、回復ができないものもあります。
ですから手術をおこなうには、「失敗を避ける」ことが、最大のポイントです。

手術の失敗を避けるためには、まずクリニックを選ぶ必要があります。
ネットの口コミなどを入念にチェックして、評判の良いクリニックを探しましょう。

ただ、同じクリニックでも、医師によってテクニックに差があるのは事実。
医師まで選ぶことは難しいため、手術は最後は、運を天にまかすしかないところもあると言えます。