包茎手術は病院ですると仕上がりが悪くなる

仮性包茎の場合には、ゼルファリンなど増大サプリを飲むことで、多くの場合、自然に解消します。
しかしカントン包茎・真性包茎の場合には、どうしても手術が必要。

カントン包茎・真性包茎の手術は、病院の泌尿器科ですれば、健康保険が適用され、費用がかなり安いです。
ただし病院での手術は、仕上がりが悪くなることが多いため、包茎手術は専門クリニックでするのがおすすめです。

病院での包茎手術は仕上がりが悪くなりやすい

病院での手術は、「包皮が亀頭を覆わないようにする」ことだけを目標に行われます。
亀頭が露出した状態になれば、性行為をおこなうことはできるため、包茎を病気ととらえ、その「治療」をおこなうには、たしかに十分だといえるでしょう。

そのため、病院では術後の見た目にほとんど注意を払いません。
縫合した跡がはっきりと目立ってしまうなど、仕上がりが悪くなることが多いです。

しかし包茎手術は、たんに包皮が亀頭を覆わなくなればいいだけではありません。
包茎は、「劣等感」とも密接に関係するもの。
術後のペニスが、誰がみても惚れ惚れする「立派なもの」でなければ、手術した意味は半減するといえるでしょう。

病院での包茎手術は、健康保険が適用され、費用はたしかに安いです。
でも術後のことを考えれば、多少費用が高くなっても、包茎手術は専門クリニックでするのがおすすめです。

専門クリニックは術後の見た目に最大限の注意を払う

専門クリニックの特徴は、包茎手術の術後の見た目に、最大限の注意を払うこと。
包茎手術が、見た目も重要だということをよく理解しています。

ですから専門クリニックでは、

  • 包皮をできるだけ目立たない場所で切除する
  • 美容整形外科のテクニックを駆使して跡が目立たないようにする

などのことを行います。
そのため病院で手術をするのに比べ、術後の見た目は圧倒的にきれいです。

病院で手術をし、見た目が悪くなってしまった場合、再手術が必要になることもあるでしょう。
再手術には、通常の手術よりさらに費用がかかりますから、最初から専門クリニックに行ったほうが、「結局は安い」こともあると思います。