離婚の原因は「ペニスが小さいこと」が実は多い

ゼルファリンなどの増大サプリ、独身男性のために必要だと思う人も多いですよね?
独身男性は、色んな女性とする機会が多いから、「そのためにはやはりペニスは大きい方がいい」というわけです。

それに対して既婚男性は、「もうオレなんか古女房だから、ペニスの大きさなど関係ない」と思う人も多いのではないでしょうか?
ところが実は、離婚の真の原因は「ご主人のペニスが小さい」ことだとのこと、注意が必要です。

ペニスが小さいと奥さんは満足していない

夫婦の絆を強めるものは、もちろん色々ありますね?
でもやはり、「夜の営み」が、夫婦にとって最も大事なものであるのは言うまでもないでしょう。

人間は、男性も女性も、夜の営みなしには満足できないもの。
それをお互い満足させ合うのが、まずは「夫婦の基本」だといえるでしょう。

ところがこの夜の営み、奥さんが満足していないことが多いとのこと。
ある調査によれば、夜の営みに満足していない奥さんの割合は、「73%」にも上るとのこと。

しかもその理由として、58%の奥さんが、「ご主人のペニスが小さい」ことを上げているのだそう。
ペニスの小さな既婚男性にとっては、ショックな結果だと思います。

調査では、「性格の不一致」との理由で離婚した夫婦の、元奥さんにもインタビューしています。
それによれば、実は「性格の不一致ではなく、『性』の不一致だった」と答えた奥さんは、92%にものぼったそう。

また「セックスレス」の夫婦も、今は多いです。
セックスレス夫婦の奥さんの86%は、「ご主人のペニスが小さくて満足できないことがセックスレスの理由」と答えているそうです。

自己満足では「夫婦の絆」は保てない

男性の場合には、射精をすれば、それなりの快感が得られます。
なので夜の営みで、「まったく快感がない」ことは、男性の場合はないわけですね?

なのでほとんどの場合、男性の側は、夜の営みに満足していることになります。
ところが実は女性の側は、男性とはまったく違うというわけです。

女性は、男性のペニスがある程度の大きさがないと、感じることができません。
なのでペニスが小さな男性は、自分が満足しても、女性は満足しないままに終わっていることが多いんですね。

ところが女性は、あまり「満足できなかった」とは言いません。
なので男性は、「自分が満足したのだから、女性も満足しただろう」と、勝手に思ってしまうわけです。

これは、単に「自己満足」になりますね?

自己満足であるかぎり、「夫婦はつねに離婚の危機にある」とも言えるかもしれません。
既婚男性にとっての増大サプリの必要性は、このあたりにもありそうですね?