増強手術後は1ヶ月の禁欲が必要

ペニスを増大・増強するためには、ゼルファリンなどの増大サプリを使用するのが一つの方法です。
増大サプリは、

  • 飲むだけだから手軽
  • 勃起力アップの効果もある
  • 痛みや副作用がない
  • 増大効果が大きい

などのメリットがありますが、「時間がかかる」のがデメリット。
実際に増大効果を発揮するため、半年くらいは必要です。

それにたいして、手術で増大・増強する場合には、

  • 痛みがある
  • 費用が高額
  • 増大効果は小さい
  • 勃起力アップの効果はない

などのデメリットはありますが、手術をすれば即日で、増大効果が得られます。

ただしそれについても、実際には「1ヶ月程度の禁欲」が必要になりますので注意が必要です。

手術の傷口はすぐには治癒しない

増大手術は、言うまでもないことですが、ペニスをメスで切開し、様々な施術を施します。
施術後は縫合しますが、傷口は、すぐには治癒しません。

手術直後にはかなりの痛みがあり、出血の可能性があります。
痛みが引いても、実際に傷口がきちんと治癒するまでには、まだ時間がかかります。

増大手術後のタイムスケジュールは?

増大手術後は、タイムスケジュールにきちんと従う必要があります。

シャワー

シャワーは、手術当日からOKです。
ただし傷口が濡れると可能する可能性があるために、ペニスをビニール袋で覆うなどの防水対策が、手術後3日間は必要です。

入浴

入浴は、1週間はできません。
傷口の可能性があるためと、入浴して血行が促進されると出血の可能性があるからです。

マスターベーション

マスターベーションは、3週間は不可。
きちんと治癒する前にペニスを触るなどしてしまうと、縫合が切れてしまうなどの可能性があります。

性行為

性行為は、手術後1ヶ月間はできません。
それよりも前にしてしまうと、

  • 縫合が切れる可能性がある
  • 感染症に感染する可能性がる

などの危険があります。