ペニスが小さいと女性を感じさせられないってホント?

ゼルファリンなどの増大サプリをこれだけ使う人がいることも、当然だと思います。
ペニスが小さいと、どうしても女性をきちんと感じさせられないからです。

もちろんペニスが小さくても、テクニックを身につけることにより、女性をある程度感じさせることはできます。
でもそれには、やはり限界があるみたいです。

女性の最大の性感帯は「子宮口」

女性には、性感帯がたくさんあります。
唇や耳、首筋などもそうですし、乳首やクリトリスももちろんそう。

でも数ある女性の性感帯のなかでも「最大」ともいえるものは、「子宮口」なのだそうです。

子宮口は、膣の奥にある子宮の入り口。
指で触れると、ぷくんと膨れたようになっているところです。

女性は、この子宮口をペニスの先端で突かれることにより、気が遠くなるような絶頂感を感じると言われています。

ところでこの子宮口、膣の奥にありますから、ペニスがある程度の長さがないと、届かないことは言うまでもありません。
なのでペニスの小さな男性は、女性の本当の絶頂感を感じさせることができないんですね。

もちろん、他の性感帯を刺激することで、ある程度の快感を女性に感じさせることはできます。
でもそれには限界があるわけで、やはり子宮口での快感には、ほかの性感帯はかなわないのだそうです。

長さだけでなく亀頭の張り出しや太さも重要

それからペニスは、長さだけでなく亀頭の張り出しや太さも重要。
膣には、子宮口のほかにも重要な性感帯があるからです。

Gスポット

その性感帯とは、まずは「Gスポット」。
子宮の入口近く、お腹の側にある、指で触れるとザラザラとした場所です。

ペニスが挿入されたとき、Gスポットが刺激されるのは、「亀頭の張り出しの部分」になります。
これが挿入時、Gスポットを擦ることで、「おしっこを漏らしそう」ともいわれる快感を女性は感じることになります。

なので亀頭が小さい男性は、挿入時、女性にGスポットの快感を感じさせることができません。
もちろん指でも、Gスポットは刺激できますが、挿入時に快感を感じさせられなければ意味がありません。

膣壁

それから膣の壁、「膣壁」も、女性にとっては大きな性感帯。
太いペニスでここを刺激されることで、女性は「挿入されている」という実感を持つそうです。

ペニスの太さが足りない場合、この膣壁を刺激できないわけですね?
女性にとっては、「入っているのかどうかわからない」ということになると思います。