包茎手術は術後の痛みがかなりある

包茎は、多くの場合、ゼルファリンなど増大サプリを使用すれば、自然に治ります。
ペニス自体が大きくなれば、その分、亀頭も自然に露出するからです。

ただし包茎を、手術で治そうと思う人もいると思います。
包茎手術は、手術中の痛みはほとんどありませんが、術後は人によっては、かなり痛むと言われています。

包茎手術中の痛みはほとんどない

包茎手術を受けようかと検討する場合、「痛まないのか」を心配する人は多いと思います。
たしかにペニスは、男性にとって敏感な部分。
そこにメスを入れるとなれば、想像しただけで怖くなる人も多いでしょう。

でもそれは、包茎手術をおこなう側も、よくわかっています。
手術中は、念入りに麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。

包茎手術の麻酔の仕方は?

包茎手術の麻酔の仕方は、ほとんどのクリニックで、次のようにして行われます。

まずはじめに表面麻酔

手術の痛みは、麻酔をするために注射する、その注射針が刺さるときも大きいです。
駐車が苦手な人も少なくないなか、「ペニスに注射するなど考えられない」という人も多いでしょう。

ですから手術前の麻酔では、まずスプレーなどを使用して、ペニス表面を麻酔します。
それにより、注射針がペニスに刺さる際の痛みはなくなります。

痛みを感じにくい麻酔針を使用

麻酔の注射による痛みは、注射針の形状によっても左右されます。
多くのクリニックでは、できるかぎり痛みを感じないよう、極細の注射針を使用します。

痛みを感じにくい注入法を採用

麻酔の際の痛みには、注射針が刺さるときの他に、麻酔薬が注入されている際の痛みもあります。
クリニックでは、麻酔薬の注入速度、注入場所を加減することにより、注入の際の痛みがほとんどなくなるよう工夫しています。

包茎手術の際には、以上のような方法で麻酔をしますので、麻酔の際の痛みはほとんどありません。
さらに麻酔が効けば、手術の痛みも感じないのは言うまでもありません。

手術後にはどうしても痛みがある

このように包茎手術は、手術中は、痛みを感じることはほとんどありません。
しかし手術後には、どうしても痛みを感じることになります。

麻酔は、数時間たてば効果がなくなります。
効果がなくなったところに、ペニスには手術のキズを負っているわけですから、痛くないわけがありません。

人によっては、「激痛」と感じる、強烈な痛みがあるのだとか。

もちろんクリニックでは、手術後の痛みのために、鎮痛剤を処方します。
ただし鎮痛剤の効きは人それぞれなため、「鎮痛剤を飲んでもまだ痛い」という人は、決して少なくありません。