重度の包茎は手術が必要

包茎には、

  • 仮性包茎
  • カントン包茎
  • 真性包茎

の3種類があります。

仮性包茎は、ゼルファリンなどの増大サプリを飲むことで、自然に解消することが多いです。
しかしカントン包茎、真性包茎は、手術しないと治りません。

仮性包茎とは?

仮性包茎は、亀頭を全部、ないしは半分程度、包皮が覆っているけれど、手で剥けば剥ける状態のことを指します。
手で剥くことができますから、性行為などをおこなうには、とくべつ支障はありません。

ただし包茎は、見た目も悪いですし、感染症の危険もあります。
劣等感を持ちやすくもなりますから、解消するのがおすすめです。

カントン包茎とは?

カントン包茎とは、包皮の入り口が狭くなってしまっているもの。
通常時では、包皮を手で剥くことができますが、勃起時には、手でも剥けなくなります。

なので性行為をおこなうには、大きな支障をきたします。

さらに悲惨なのは、カントン包茎の人が通常時に包皮を剥き、そのまま勃起した場合。
包皮の入り口がペニスを圧迫することにより、ペニスがうっ血したり、最悪の場合壊死することもあります。

真性包茎とは?

真性包茎とは、包皮が亀頭を完全に覆っていて、手で剥くこともできない状態。
亀頭が露出することがありませんので、性行為には大きな支障をきたします。

また亀頭と包皮がつねに接していますから、感染症なども起こしがち。
最悪の場合には、亀頭と包皮が癒着を起こすこともあります。

カントン包茎・真性包茎は手術に健康保険が利く

カントン包茎・真性包茎は、性行為を行えない状態ですから、「病気」ということができます。
なので手術を行う際には、健康保険が適用されます。

ただし健康保険が使えるのは、病院の泌尿器科で手術をした場合。
病院での手術は、見た目を気にしないため、術後の仕上がりが悪くなりがちです。