包茎には様々デメリットがあるので注意!

ゼルファリンは、ペニスを増大させるためのサプリですが、一般にペニスが大きくなれば、包茎も改善することが多いです。
包茎とは、ペニスの長さに対し、包皮が長すぎることによって起こるもの。
ペニスが増大して長くなれば、その分、相対的に包皮は短くなるわけですね?

男性の中には、包茎で悩んでいる人も多いと思います。
包茎には、様々なデメリットがありますので、注意が必要です!

包茎のデメリットとは?

子供っぽく見える

包茎のデメリットの第一といえば、やはりこれになるでしょう。
皮がかぶっているペニスは、どうしても子供っぽく見えてしまいます。

女性の中には、包茎のペニスを見ると「かわいい」と思う人も多いのだとか。
でも女性が、かわいいペニスが好きかどうかは、また別の問題です。

劣等感にさいなまれる

包茎だと、どうしても劣等感にさいなまれることになりますね?
お風呂屋さんでも前を隠さないといけなかったり、女性と「いざこれから!」というときにも、女性の前でペニスを露出するのにためらいを感じると思います。

なので包茎の人は、どうしても自信をなくしがち。
人生にも後ろ向きになりやすいです。

ペニスがニオイを発しやすい

包茎のペニスは、どうしても不潔になりがち。
亀頭を包皮が覆っていますから、そのあいだに尿のカスがたまり、雑菌が繁殖するからです。

雑菌の繁殖により、ペニスはニオイを発するようになります。
臭いペニスが女性から嫌われるのは、言うまでもないですね?

感染症にかかりやすくなる

包茎の人は、感染症にかかりやすくなります。
亀頭と包皮のあいだに繁殖した雑菌が、亀頭のキズや尿道から体内に入ることがあるからです。

亀頭包皮炎や尿道炎などは、包茎の人がかかりやすい病気です。
最悪の場合人は、陰茎がんになる可能性もあります。

性病が移りやすい

包茎の人は、性病も移りやすいと言われています。
性病の細菌が、亀頭と包皮の間で繁殖しやすいからです。

性病は、一度感染するとかなりの激痛を伴うものもあります。
またパートナーにも感染の可能性があります。

パートナーが子宮がんになりやすい

包茎のペニスで性行為をおこなうと、亀頭と包皮のあいだに感染した雑菌が、パートナーにも感染します。
そのためパートナーも、子宮内膜症などの感染症を起こす可能性があります。

また感染症は、子宮がんの原因ともなります。
調査によれば、包茎の男性のパートナーは、子宮がんになる確率が高いそうです。