ペニスが小さいことのデメリットは?

ペニスが小さい子とのデメリットについては、ペニスが小さい人は、よくよく感じていることと思います。

ペニスが大きいのと小さいのとでは、「次元が違う」というくらいの違いがあるんですよね。
ゼルファリンなどの増大サプリでペニスを大きくすることは、それなりの意味があるわけです。

そこで、ペニスが小さいことのデメリットをまとめてみました。

カッコ悪い

ペニスが小さい子との第一のデメリットは、やはり「カッコ悪い」ことだと思います。
やはりペニスは、小さいより大きいほうが、いいに決まっていますよね?

お風呂屋さんなどでも、ペニスが小さいと、前を隠さないと歩くことができません。
ついつい他の人のペニスを見て、ため息をついてしまうと思います。

それに何より悲惨なのは、女性と「いざこれから」というシチュエーションになったとき。

女性に自分のペニスを見せるのが、恥ずかしい気持ちになります。
実際女性は、男性の小さなペニスを見て、心のなかで「クスっ」と笑うとのこと。

恥ずかしさから、きちんと立たなくなってしまうことも少なくないと思います。

女性をきちんと感じさせることができない

ペニスが小さいと、女性をきちんと感じさせることができません。
女性の最大の性感帯「膣」は、ペニスがある程度以上の大きさがあってはじめて、感じるようになっているからです。

もちろんペニスが小さくても、きちんとテクニックを身につけることにより、女性をそれなりに感じさせることはできます。
でもそんな面倒なことをするよりは、はじめからペニスが大きければ、問題はないわけですね?

劣等感から自信がなくなる

ペニスが小さいと、どうしても劣等感を感じがち。
お風呂屋さんでも、女性の前でも、男らしさを見せつけることができません。

なのでどうしても、全てに自信がなくなってしまいます。
人生に、積極的になれません。

夫婦(パートナー)仲が悪くなる

夫婦やパートナーにとって一番大切なのは、やはり「夜の営み」。
奥さんやパートナーをきちんと感じさせるからこそ、相手は自分を「男性」として見ることになります。

ところがペニスが小さいと、奥さん・パートナーを感じさせることができません。
そのため相手からバカにされ、夫婦(パートナー)の仲は、どうしても悪くなりがちです。